りゅーたくんの助手席に乗りたい Part 2

 

いや〜〜〜〜〜〜半年近くブログ放置してなにやってんだわたし。今江くんとの浴衣デート書く間もなく夏すっ飛ばしてしまった私としたことが〜〜〜っ!冬が来る前にとりあえず秋らしく紅葉狩り行きてえな〜〜〜。🍁

 

 


前日 22:00
デート前日の恒例行事(?)。明日の確認電話byりゅーたくん。「明日、9時でええやんな?起きれる?」「起きれるよ〜!あったりまえじゃん!」「とかゆうてこないだちょっと寝坊してたん誰や(笑)」過去の失態を出しつつ心配してくれるりゅーたくん。「そんな言うならあしたモニコして!」ちょっとわがまま言ってみたら「はいはい」ってすんなり飲んでくれて、お?ってちょっと嬉しくなる。これぜったいモニコくるまで起きんやつ。だってりゅーたくんの声で起きたいもん。そんな作戦がバレたんか、「ギリギリならな電話せえへんからな(笑)自力で起きろよ!」なんて言うけど、ちゃんと余裕で準備出来る時間に電話してくれること知ってます♡

 

7:30
約束どおり電話鳴る。りゅーたくんは8時に起きれば間に合うのに私に電話するために7時過ぎに起きてくれてる(願望)。「おーい、起きてるかー?」「ん、りゅーたくん、おき、た、、」「いや起きてへんやろ(笑)はーよ!起きて!」いやもうりゅーたくんに起きてとか言われたら飛び跳ねて起きるわ。まあでもわたしは寝起きが悪いから(知らん)、起きるために1日の半分くらい体力使ってるとこある(知らん)。「起きた〜〜〜顔洗ってくる、、、」「ん、あとでな。かわいく頼むで」これは完全に言ってほしい。いや照れ屋やから言わんやろそんなんって思うけど言ってほしい。言ってすぐに恥ずかしくなって電話切るみたいな。そんで会うまでちょっと引きずって会ったとき何とも言えん顔してるりゅーたくんください。

 

9:00
いつも通り家までお迎え。黄砂で車めっちゃ汚いって言ってたけどキレイになってて、今日のために洗車してくれたんかな〜なんて嬉しくなる。「はよ。ちゃんとあん時起きれてんな!」「おかげさまで〜っ!かわいくできてますか!」って聞きたい。照れるりゅーたくん見たい。わたし男の人の照れた顔めっちゃくちゃ好きなんですよね(知らん)。わたしがシートベルト締めたこと横目で確認して、シフトドライブに入れながら「ん、まあ、えんちゃう」って軽く流して発車するあたり、かわいいよな〜。

 

9:30 着付け
今日は清水寺に紅葉見に行こうって話だったけど、着物きて京都歩きたい!っていうわたしの要望に応えてくれて、ふたりで着物の着付けへ。「これとこれ、どっちがいいかな〜?」「どっちでもえんちゃう」はっきり選んでくれないのはわかってたけど、一応聞くだけ聞いてみるけどやっぱり答えは予想通りで。だからここは引き下がらずに「りゅーたくんはどっちがすき?」って聞きたい!「え〜、俺よおわからんねんて、、けどまあこっちかなあ」って最終的には選んでくれるはず!わたしは遠慮なく「りゅーたくんはこれ!」って言います。紺でよろしく。お互い着付けてもらって、顔合わせ。「かっっっこいい!さすがりゅーたくん!」って騒ぐわたしとは反対に、頭をかきながら無言なりゅーたくん。「……、へん、?」「いや、変とかちゃうくて、うん、」「なに」「……想像してたより、ええわ」なんっっっそれ!?自分で考えて書いてるけどなんっっっそれ!?てか想像してたってなに!?ちょっとやらしくない!?そんで「ええわ」ってすっごく良い!かわいいとかきれいとかも嬉しいけど「ええわ」の破壊力!!!わたし天才!!(黙)

 

10:00 参道
着付けにだいぶ行数を取られましたが、まだ午前中の午前中だった。ふたりで着物着て、清水寺に通じる坂になってる参道を歩きたい。食べ物屋さんとかお土産屋さんとかいっぱいあるんよね、あそこ。前も言ったけど、わたし食べ歩き大好きなので(知らん)!「あ、抹茶アイス……」「食う?」「ん〜、でももっとおいしそうな抹茶アイスあるかもしらん……」抹茶アイスだけでも何店舗もあるから、どこのお店がベストなんかとかわからんくて、一発目に出会ったとこで食べてしまっていいんかめっちゃ悩む。これあるあるよね?「んじゃ、もうちょい歩くか」後ろ髪を引かれながらもそのお店はスルーして、そしたら今度はぬれせんべいが。「これならいける!たべる!」「はいはい(笑)」私が自分ひとりだけ食べるの嫌なん知ってるから、ちゃんと2人分買って一緒に食べてくれるりゅーたくんほんま出来る男。「熱いで」「だいじょぶ、、、あっつ!」「だから言うたやん(笑)」わたしほんまりゅーたくんにツッコんでほしすぎ。忠告無視してかじりついたら案の定熱かったやつ。まありゅーたくんのツッコミ聞けたし◎ その後も気になるお店覗いたり、お土産屋さんのちょんまげカツラをりゅーたくんに被せてみたり反対に被せられたりしてたら外人さんに声をかけられるみたいな展開ほしい。いやでも実際外人さん多いから着物で歩いてたらめっちゃ写真撮られるんよね(経験済み)(もちろん女友達と)。イケメンの外人さんと写真撮れたことにちょっとにやにやしてたら少し強めに手握られて、それにさらににやにやしちゃうよね。もちろん握り返しました(聞いてない)。

 

11:30 清水寺
待ってまだ清水寺着いてなかったん?やべえな…
まあそれは置いといてやっと本堂に辿り着きます。本堂の地下?みたいなとこに、真っ暗な道を通って光る石に辿り着いて願い事するみたいなんがあるんだけど(適当)、それやりたい。「え、ちょ、ほんまなんも見えへん」「りゅーたくん、手、」「いやほんま、やばいなこれ(笑)」ってやりとりしながら進みたい。はい、ただりゅーたくんと手が繋ぎたいだけですごめんなさい。願い事もして、出てきたらとりあえず聞きたいな〜。「りゅーたくん、なにお願いしたん?」「言うたあかんやろ(笑)内緒や内緒」「へへ、やっぱだめかあ(笑)」「わかってんねやったら聞くな(笑)」(外に出てもそのまま手は繋いでおいてください。) そしたらいよいよ清水寺の舞台へ。「人やっば!うわ!でも紅葉めっちゃきれいやで!」って手を引っ張ってくれるりゅーたくん。「ほんまや!めっちゃきれい……」目の前の景色に感動してたらいつの間にかこっちにカメラ向けてるりゅーたくん。「あかん!ふたりで撮りたい!!」「ん、撮ろ」紅葉バックに着物で写真撮るとか至高すぎるな!日本に生まれてヨカッタ!!ひと通り満喫したら、なんかお腹すいたね〜ってなって、もっかい参道に戻ることに。今度こそ抹茶アイス!って意気込んでたら、「とりあえずどっかで飯食お(笑)」って言われる。まあそうですよね()

 

13:00 昼食
毎度のことながら思いつかん。うどんとかでえんちゃう?(テキトー) 「汁散らすなよ」「りゅーたくんこそ」

 

14:00 陶芸
着物といったら陶芸ってとこない?京都といったら陶芸ってとこない??てことで陶芸いこ、ろくろ回そ。「うわ〜、陶芸はじめて!なにつくろ〜」「俺もやったことないわ〜…… 出来る気せえへんねんけど(笑)」少し弱気なりゅーたくんを横目に何作ろうか真剣に悩む。けど、そこはやっぱビアグラスかな〜。わたしの作ったグラスでりゅーたくんにビールを飲んでほしい。「じゃあ俺もビアグラスにしよかな!交換したらええやろ?」なんて二億点満点のナイス提案くれるからその場で抱きつきそうになるけど、外やし我慢した。ろくろの前に案内されて、ちょっとゴーストごっこしたかったけどさすがに周りが真剣にやってる中、やる勇気はなかったよね……家でやろ。ろくろないけど。(てかあれそもそもろくろだったっけ?) いざ始めるとやっぱり難しくて、上手く丸に出来ないし油断したらぐちゃぐちゃってなるけど、どーーーしてもこのビアグラスでビール飲んでほしくてめっちゃ真剣になる。気づいたらお互い無言でろくろと向き合って30分経ってるみたいな。平均どんくらいかかるんか知らんけど。無言で集中してがんばったかいあって、2人ともまあまあな出来の作品が。後日、焼いて送ってくれるそうなのでとりあえずろくろ回すりゅーたくんの写真だけ撮って、康二くんに送ろ。「むろくろくんやん」っておもんない返事返ってきたからスルーしときましたありがとうございました。

 

16:00 着物終了
「あ〜、着物おわっちゃう〜」「なんか、新鮮で良かったわ」初めての着物デートに名残惜しさを感じながらも、着付けてもらったお店へ。脱ぐ前に写真を撮ってくれるって言われたので、お言葉に甘えて傘なんて持っちゃいながらふたりで並んでみたり。「お似合いですね」なーんてお世辞なのわかってるけど、それでも嬉しいのが女心ってやつじゃん!?お互い着替え終わったら、「やっぱ、こっちのが落ち着くわ(笑)」って言われるけどまあその通りだし「でも、まあよかったわ、たまにはええな」って言ってくれたからオールオッケー!!

 

17:00
駐車場に向かいながら、お土産屋さん巡り。朝は荷物になるからってお土産は買わなかったから、ここで買う。「とりあえずリチャくんに千枚漬け買わなきゃ」「何の使命感やねん(笑)」いやでもそこは外せないでしょう。「あとは適当に八ツ橋配ればええやん」っていうりゅーたくんの一言で、八ツ橋試食大会が開催される。「あ、これおいしい」「こっちもうまいで、食ってみ」ふたりで試食しながらお土産選ぶとかもう夫婦じゃん!?え、次はプロポーズ編書くべき!?「康二にさっきのちょんまげカツラ買うわ(笑)」「丈は侍Tシャツでええか」「大橋は八ツ橋食わしとけ」決め方は少し雑だけど、ちゃんとひとりひとりの趣味嗜好に合わせたお土産を選ぶりゅーたくん。そういうところが愛されるんだろうなあ。ふたりで食べる用に抹茶ばあむも買って、さあ、Demio(車)に戻ろう。

 

車の中でさっきまで撮った写真を見ながらにやにや。「ね、このりゅーたくんかっこいい」「いや運転中やから見れへんわ(笑)」みたいなやりとりはもうテッパンですよね。康二くんへのお土産に買ったカツラをそっとあけて被ってみる。「似合う?」「おー、似合う似合う(笑)」「うれしくない〜〜〜」「じゃあなんで聞くねん(笑)」こういうささいなふざけ合いみたいなんすっごい好き。バカなことも一緒にたのしめるみたいな。後輩に慕われる理由がわかるわ〜。

 

18:30 高台寺
今度はライトアップされた紅葉を見に。プロジェクションマッピングもやってるみたいで、また昼とは違った雰囲気がたのしめそう。ライトアップまで少し時間があるのでお参りを。「二礼二拍手一礼やっけ?」「おー、たしかそうやで」ふたりで並んで手を合わせて、少し長めのお願いごとを。私が目を開けるとりゅーたくんはもう終わってて待っててくれる。「えらい長いこと祈ってたな」「ん〜、欲が出た!(笑)」「あかんやん(笑)」なんて、ほんとはシンプルなお願いごとだけどね!「りゅーたくんには教えません〜」「なんも言ってへんやん(笑)」りゅーたくんも同じこと願っててくれたらいいなあって思うけど、今手を握ってくれてるこの瞬間が幸せだからまあいっか!せっかくだし、ついでにそこにあったおみくじも引いてみる。「うわっ!凶やねんけど!!」りゅーたくん、相変わらず持ってる!「え〜!ありえん!わたし中吉やで!」「微妙やんって言いたいけど、凶の身ではなんも言われへんわ」ふたりとも残念ながら大吉ではないので、結んで帰ることに。「高いとこがいい!」「結んだろか?」ちゃんと2人分のおみくじを並んで結んでくれるりゅーたくん。「凶の隣はちょっと……」「いや結べ言うたん誰やねん(笑)」 あーだこーだ言ってたら、あっという間にライトアップの時間に。いい感じの場所を確保して、光に照らし出される紅葉に感動して、写真撮ってたら少しずつ寒くなってきて。車に戻ればブランケットあるし、まだプロジェクションマッピングも残ってるしで我慢してたら、りゅーたくんが着てたジャケットを脱いでそっと掛けてくれます。「……りゅーたくん、寒いやろ、」「光で暑いねん。さすがLEDやな(笑)」そんなわけないやん……どんな至近距離でライトアップ見てんの。でもその気遣いが嬉しくて、なんならりゅーたくんの匂いがするジャケットが嬉しくて、ご好意に甘えようと思います。ようやく始まったプロジェクションマッピングもすごくきれいで幻想的で、思わず写真に残すのを忘れてしまうくらい。「きれいやったなあ」「ね」「写真忘れてたわ(笑)」「わたしも(笑)」でもそれはそれでふたりだけの思い出って感じで良いよね!本格的に気温も下がってきたし、車に戻ろっかってとこでりゅーたくんからくしゃみがひとつ。「も〜、やっぱ寒いんじゃん(笑)」「どうせ康二か丈が噂してるだけや」いやどんだけ優しいん。

 

20:30 夕食
1日落ち着いた雰囲気のところをずっと回ってたので、夜くらいはってことで少しにぎやかな焼き鳥屋さんへ。ちなみに私はせせりが好きです(聞いてない)。「やっぱ鳥やわ〜」「おっさんみたいなこと言うなや(笑)」車やからお酒は飲めないりゅーたくんに合わせてもちろんわたしもウーロン茶。「酒はまた今度やな」「うん!バーとか行ってみたい〜」「まったくわからんから末澤あたりに聞いとくわ」末澤くんはぜったいオシャレなバー知ってる(確信)。

 

23:00 帰宅
「ちょっと遅なってもうたな、ご両親にすみませんって言うといて」「だいじょぶだいじょぶ!りゅーたくんのこと信用してるから!」「嬉しいけどなんか、まあ、ええわ(笑)」まだきちんと会わせたことはないけど(送ってもらったときにたまたま遭遇したことはある)、私がいっつも「りゅーたくんがりゅーたくんが」って言うから他人な気はしないって言ってる。実際ちゃんと会ったらめちゃくちゃ気に入られると思うんだけどなあ。けど自分から親に会って、なんて言えないしって思ってたら「その、今度、ちゃんと挨拶させて」って。「え、いい、の?」「いいもなにも、しとかなあかんやろ(笑)そのつもりやねんから」そのつもりって。なんかもうその一言で胸がいっぱいになってちょっと泣きそう。「なんで泣きそうやねん(笑)お前はそのつもりちゃうんか(笑)」って笑いながらも少し不安そうな目をするから必死に首を振る。「その、つもり、です」「そか、ならよかった」って頭に手を置いてくれる。なんなんこれ。もうほぼプロポーズやん。ほんまに次はプロポーズ編書かなやん。「明日から仕事やろ?泣いたあかん」「泣かしたの誰……」「いや泣く思わんやん(笑)」「う〜〜〜」唸りながらりゅーたくんの胸に飛び込めば、いつも通り優しく受け止めてくれて。一生離れたくないって強く思った。

 


長々とすみませんでした…… おとなしく占ツクへの移行を考えます…… 次はプロポーズとか言ったけど、まだまだ書きたいデートいっぱいあるヨ…… スノボデートもクリスマスデートもある…… 仕事終わりに京都駅のイルミネーションも見に行かなきゃ……

 

 

 

 

りゅーたくんの助手席に乗りたい

 

みなさんこんにちは!つきでっす!!
前回の暗いブログを早く払拭すべく、仕事中に脳みそフル回転させて妄想しておりました(仕事しろ)(したいけど)(うちの店舗ヒマの極みなんだよな)。 わたしは、以前から常々思っていたことがあります。それは……

 

りゅーたくんとドライブデートしたい!!!

 

もうね、りゅーたくん(28)×車ってサイコーすぎるとおもう。片手で運転してる姿が目に浮かぶ。わたしの中のリアコ枠、りゅーたくんといっちょデートしてこよ♡♡♡

 

 

前日 23:00
りゅーたくんから電話くる。明日の確認。「もしもし?あした、10時でええやんな?おん、迎えいくから。寝坊すんなよ。てかはよ寝ろ。隣で寝たら許さんからな。んじゃ、おやすみ」前日の電話は必要事項の確認だけ。いや、ラインでええやんとおもうけど、そこはちゃんと電話してくれる優しいりゅーたくん。けどデートの確認てことでちょっと照れてそっけないところが彼らしいって思うのは私だけですかね… りゅーたくんの声も聴けたし、言われた通り寝る。現実問題たのしみすぎて寝れるわけないけど隣で起きとくためにも無理やり寝る。

 

 

10:00

f:id:tsuki_sueee:20170605222745j:image
言われたとおりお迎え。(ちなみにこれはマツダDemio)。9時に起きてるか確認の電話くれるあたりほんまに優しい。9:45くらいに「もう着くで〜」ってラインしてきて焦らせてくる。ほんとはまだ着かない。りゅーたくんが焦らせてきたせいでちょっと用意遅れる。10時ちょうどに「着いたで」ってライン来たけど、用意終わってなくて5分待たせる。ダメな女でゴメン。やっと出れる状況なって出たら、運転席でスマホいじってるりゅーたくん。康二くんたちに勧められたテニスゲームを深海魚の目でやってるからそっと写メって今度康二くんに見せようと心に決めたところで助手席の窓ノックする。半笑いで「遅いねんけど」。「りゅーたくんが急かしたせいじゃん!」「いや、遅れてるってことは全然急かされてへんやん」「もういいの!行こ!」埒あかんからとりあえず強制出発。「はいはい」(呆れ笑い)(好き)


運転中のりゅーたくんのことはめっちゃ見る。とにかく見る。「そんな見られたら運転しづらいねんけど」言われてもおかまいなし。最終的に頭掴まれて無理やり前向かされるけど、「ええ子やから前向いといて」って頭撫でられたからしゃーなし前向いてあげた(単純)。


11:00 神戸中華街

f:id:tsuki_sueee:20170605223319j:image

わたし、中華街好きなんですよね(聞いてない)。というか食べ歩きがほんとに好きなんですよね(ほんとに聞いてない)。このためにもちろん朝は食べてない!って言ったら「え?俺食ってきてもーた(笑)」とか言い出すから(楽しみにしてたの自分だけだったのかな……)ってちょっと落ち込んでたら「まあ朝食ったん7時やし。食える食える。男の胃袋なめんなよ(笑)」っていう謎のフォロー入る。「7時って起きるの早くない?」「あ〜、なんか目覚めてもうてんな。誰かさんと一緒に寝坊して共倒れしたらあかんから〜?」え?それは楽しみすぎて早く起きちゃった(´>ω∂`)的な解釈でいいのかな??もうこの時点でさっきちょっと落ち込んだこと忘れてるから単純な女ですわたし。そんなこんなで中華街へ。とりあえず気になったとこ片っ端から行く。念願の小籠包ゲットしてふたりで食べようとしたら、りゅーたくん食べるの下手すぎて小籠包の汁こぼすからめっちゃ笑ってたら無言でどつかれた。いやわたし悪くないよね??いろんなもの食べたいからって肉まんは半分こしてくれたし、わたしが杏仁豆腐とマンゴープリンで迷ってたらふたつ買ってひと口くれたし(全部はくれない)、なんだかんだ優しい。ちっちゃいフカヒレスープもおいしかった。帰りに文一くんへのお土産買って(「いや、文一くんわざわざあげんでもええやろ(笑)」って言われたけど)、2時間ほどうろうろしたのでいざ次の場所へ。


移動中、お腹いっぱいっていうのもあってちょっと寝る。昨日の夜、寝るなよって言われてたにも関わらず寝ちゃう。けどりゅーたくんは優しいから起こすとかはなくて、BGMの音量下げて心なしか運転優しくしてくれるからそれはもう寝ろって言われてるようなもんじゃん!?

 

 

14:00 海遊館

f:id:tsuki_sueee:20170605223430j:image

(この時点でバレたかもしれませんが、位置関係等々関係なく、とりあえずわたしが行きたいところを詰め込んでおります)
お腹もまあまあ膨れたし、癒されたい!っていうわたしの要望で海遊館へ。嫌がるりゅーたくんを無理やり引っ張ってモニュメント的なとこで写真撮ってもらおうとしたら、係員さんに「デートですか?」って聞かれたんだけど、(どうせりゅーたくん濁すだろうなあ)って思ってたら「まあ、はい」ってさらっと答えるから隣のクラゲの水槽割りそうになったのは内緒な。りゅーたくん照れ屋やから、中華街の時もやけど、外では基本手繋いでくれない。けど水族館やし、薄暗いしちょっとぐらい……って思ってそっとりゅーたくんの左手に触れたら繋いでくれて、イソギンチャクどころじゃない。それでもなんとか気持ち落ち着かせてたらエイがおって、「あ!りゅーたくんおる!」って指指したら繋いでた手離されて「誰がエイやねん!」ってどつかれた。「あ、な〜んだりゅーたくんおるやん〜」「いや当たり前やろどこ見てんねん」わたしのおもんないボケにもちゃんとツッこんでくれるとこ、ほんまにすき。ジンベイザメも見て、ヒトデも触って、「りゅーたくんのほっぺや」「どこがやねん」っていうやり取りもしたところで、お腹も少し空いてきたし京都戻ろっか、ってなる。んだけど、海遊館の近くの観覧車乗りたい!って言ったら「ほな行こか」って珍しく素直に受け入れてくれるからルンルン。夕暮れ時で、景色めっちゃきれいなんだけどさすがは照れ屋なりゅーたくん、てっぺんでチューするみたいなことは1ミリもなかった。まあされてもな!恥ずかしいしな!!(ほんとはしてほしかった)

 


18:00

f:id:tsuki_sueee:20170605223548j:image

海遊館良かったね〜、エイかわいかった〜なんて話してたらあっと言う間に京都ただいま。夜はりゅーたくんの要望で焼肉。「最近焼肉しんどいねん」「じゃあなんで焼肉にしたん」「今日はイケる気がした」「なにそれ」みたいな会話をしつつ、焼き係はもちろんりゅーたくん。「あー!あかんあかん、それまだ焼けてへん」「ん、こっち先食い。あ、野菜もな」「ビビンバ食う?ハーフでええか?」「そろそろアイス欲しなってきたんちゃうの」なにこのひと。めっっっちゃ世話焼いてくれるやん…… そんなりゅーたくんのご好意に甘えてたら「あー、あかん、やっぱしんどいわ、ちょ、卵スープくれ」なんて言い出すから笑い止まらん。とりあえず頼んだものは(りゅーたくんがほとんど)片付けて、りゅーたくんの膨れたお腹見てまた笑ってたらいい時間。ちょっと抜けてるけど、さすがは京都のヤンキー(?)、お会計はわたしがトイレに行ってる間に済ませていました。1日運転してくれてたし、今日ずっと出してくれてたから、ここくらい払うよって言ったんだけどまあそんなことは聞いてくれませんよね。「ええから、そんな気にするなら今度は俺の行きたいとこな。もちろん泊まりやけど」「え」「なに、嫌なん?」「いや、じゃ、ない、です……」「ん、ほな決まりな。」

 

 

20:00

f:id:tsuki_sueee:20170605224003j:image

京都タワーで夜景みる。京都に住んでるけど、京都タワーなんてめったに来ないしむしろ来たことないかもレベルだからテンションあがる。「みて!りゅーたくん!清水寺見える!ね!今度行こ!」「はいはい」夜で辺りが暗いからか、気づいたらしっかり手が繋がれててちょっと嬉しくなる。夜景きれいだし、次のデートの約束も出来てにこにこしてたら閉館時間。「ほな帰ろか」って車に戻るんだけど、もうばいばいかって思ったら、朝と違ってりゅーたくんの顔を見る気になれなくて、なんとなく車内も無言。家まであと5分くらいのところで、じっと外みてたら急に頭に重みを感じて、それはりゅーたくんの手で。「別に今日が最後なわけちゃうねんから」「……うん」「清水寺、行くんやろ?」「……うん」「オレが行きたいとこも、付き合ってもらわなあかんし」「……うん」「……帰したなくなるから、そんな顔すんな」「……」「今日はちゃんと帰すって決めててん、やから、な?」「……うん」家の前に着いて、なんとなくりゅーたくんの顔見れずに、送ってくれてありがとう、だけ言って降りようとしたら手首掴まれてて。何かと思って振り向いたら「……これ、やる。」渡されたのは、海遊館の袋に入ったエイのぬいぐるみ。「……これ」「お前が似てるって言うからやで」いつ買いに行ってたんかわからんけど、エイと間違われて(?)自分でぬいぐるみ買っちゃうりゅーたくんが愛しすぎてなんかもう泣けてくる。「え!?なんで泣くん!?」「ちがう〜っ、うれしい……」エイのぬいぐるみ抱きしめて泣いてたらそっと引き寄せられておでこにチューされるから!!もう!キュン死!!!(古)

 


もうこれドライブデートでもなんでもない、わたしの欲望が詰まった、ただのデートじゃねえか……読んでくださった皆様、誠にありがとうございました。次回、「今江くんと浴衣デートin京都」おたのしみに〜!!!

 

 

しあわせになってよ

 

始めに申し上げますが、わたしは関西ジャニーズJr.についてもFunky8についても"ド"をいくら付けても足りないくらいのド新規です。去年の秋ごろ彼らの存在を知って、見ていくうちにその魅力に気付き、年始のなうぇすとで完全にオトされたド新規です。まだ彼らを見始めて数ヶ月。もちろん過去の映像やエピソードなんかはこれでもかってくらい探りましたが、ド新規であることに変わりはありません。そんな私の、関西ジャニーズJr.、そしてFunky8に対する想い、というか考え。とりあえず書いてすっきりしたかった。

 

 

まず、発表されましたね、"少年たち"のビジュアル。「足りない」。それが第一。「なんで?」彼らがそこにいない理由がわたしにはわからない。ずっと当たり前のように冬も春もそこにいたのに、急に消えた。「漂流すんの早くない?」春に松竹座を任されていた4人はそこにいるのに。あの時はしょうがなかった。せっかく関ジュをバックに付けてくれるWESTの手前、全員が松竹に残るなんて出来ない。あの4人の選抜に、大した意味はなかったと思いたかった。けど今回、あの時静岡に行った4人が丸々いなくて、なんだか、明確に線を引かれた気がした。こんな言い方はしたくないけれど、「可能性を残された4人」と、「そうでない4人」。春の疑惑が、夏に確信に変えられた気がした。「8人で公式グループになりたい」「8人で単独コンサートしたい」。本人達も、周りのファンも、声に出してる想いは一緒なはずなのに、声に出せば出すほど遠ざかっていくような気がしてならない。もともと不安はあった。私が見逃しているだけかもしれないけれど、ひとりから「8人」に関して明確な何かが発された記憶がない。彼から、「8人」に対しての拘りを見せられた記憶がない。Funky8のセンターだと言われているにも関わらず、そのポジションへの執着心を見た記憶がない。どちらかというと「端っこのほうが落ち着く」と言ってみたり、消極的な気さえする。そもそも、「8人」の中で、「8人でいること」に対する想いは統一されているんだろうか?要所要所でその「想い」は一緒だと言われているけれど、果たして本当にそうなんだろうか。もちろん、口には出さないだけで本当は心の中に秘めてるのかもしれない。長いJr歴の中で、今あるものが続くわけじゃないこと、無くなった時の当人やファンの気持ちを誰よりも分かっていて、それでいて口に出さないのかもしれない。本当の気持ちは彼にしか分からないし、わたしが考えたところで何も変わらないけれど、それでも不安は拭えない。「8人」であることに固執し過ぎていると言われても、否定は出来ない。どんな形でもいいからデビューしてほしい、売れてほしいと願うなら「8人」である必要はないし、むしろ足枷になりうる可能性だってある。けれど、わたしはその可能性も含めて、「8人」を大事にしたい。もちろん個人としても大好きだけれど、「8人」で踊る姿に、「8人」を語る姿に惹かれたから。「8人」に対する想いはわたしたちファンだけじゃなくて、自分たちも同じだと発信し続けてくれるから。「8人」の中で誰かが足枷になるかもしれない、それは今回省かれた4人かもしれない。けれど、たとえ彼らが足枷だったとしても、その足枷ごと受け入れて、バネにして、飛躍できる力が彼らにはあると信じてる。きっとそれがグループというもので、個人では決して出来ないことだと思う。グループの"良さ"も"悪さ"も全部全部受け入れて、「あの時はああだったな」って、「8人」とわたしたちで、笑い話に出来る日が来ることを祈って。

 

 

まとまりのない、つたない文章でごめんなさい。読んでくれた方いたらありがとうございます。次こそ!今まで(2回しかないけど)みたいなバカみたいな妄想ブログ書けたらいいなー!!

 

 

正門くん似合う仕事ランキング

みなさんこんにちは。つきです(^-^)
突然ですが、先週のまいジャニはご覧になられました???まだの方は早急にこちらのツイートの動画をみてください。
https://twitter.com/tsuki_kamee/status/850876632839606273

 

リアコ。ただのリアコ。こんなんオチん女おらん。オチん女は女じゃない。ちなみに彼、「正門良規(まさかどよしのり)」くん。ハタチ。年下っていう事実に涙でそう。日曜の朝からこんなもん見せられて、それからずっと正門くんで頭がいっぱいのやっすい女がこのわたしです。通勤中は正門くん。研修中も正門くん。ごはんの時も正門くん。「あー、正門くんみたいな同期おらんかな、正門くんて何の仕事が似合うやろ(もちろんジャニーズが1番なのはわかってますが)、てか何の仕事着が似合うやろ、えーっと……」の妄想の続きが以下。題して「正門くん似合う仕事ランキング(私調べ)」です。

 

第3位!
幼稚園の先生
自分の子ども預けたさしかない。よしのり先生、ぜったい優しいしひとりひとりのことめっちゃちゃんと見てくれそう。でも怒るときはちゃんと怒る。「〇〇ちゃん、あかんで?」怒ったあとはちゃんとハグして頭撫でてくれるから、その幼稚園に通う女の子の初恋はみんな「よしのりせんせい♡」(なんか聞いたことあるな、まあいいや)。あのふわっとした笑顔で「おはようございます、いつもご苦労さまです」って言われたいし、子ども迎えに行ったときには「ご苦労さまです、今日もいい子にしてましたよ。」って言われたいがために絶対旦那には送り迎えさせない。ましてやちょっとキュンとしてることは絶対内緒。子どもも子どもで「きょうね!よしのりせんせいがね!……」って毎日話してくれるから、来年もよしのり先生のクラスになれますように……!って子ども以上に祈っちゃうのはしょうがないよね!!

 

第2位!!
バーテンダー
うって変わって今度は夜の正門さん。いや、マサカドくん。ぜったいバーテンの制服似合う。スタイルいいもん。行きつけのバーのバイトの男の子が良い。初めてそのバーに行ったのは元彼と。結局すぐに別れちゃったけど、そのバーの雰囲気が好きで別れたあともちょくちょく通ってる(だいたい仕事でむしゃくしゃしたとき)。最初は何も会話することなく頼んだお酒を出してくれてたんだけど、ある日めっちゃくちゃ落ち込んでヤケ酒しようとした時に話しかけられる。「もうやめとき」(手に手を添えられるオプション付き)(慣れてる)。それをきっかけに段々話すようになって、気づけばマサカドくんと話すためにそのバーに通ってる。「ねぇ〜〜〜マサカドくん聞いて〜〜〜今日上司がさ〜〜〜ありえなくない!?!?」少し眉を下げて、それでも笑顔で話を聞いてうんうんそやな、ありえへんなって相槌打ってくれるマサカドくん(たまにタメ口なところがミソ)。いやもう好きしか…… まあまあ仲良く喋れるようになったころ、急に放り込まれる「てか、最初彼氏さんと来てましたよね?」。えっ覚えてたの……ってなってちょっと動揺する。「あっ、そーそ、!よく覚えてたね!まあもう別れたんだけどね!笑」正直最近はマサカドくんと話すのが楽しみで元彼のことなんて忘れてたし、「そうなんですね、よかった」って微笑まれるからドキドキ止まんない!!!とりあえず行きつけのバー作ろ!!

 

第1位!!!
自動車整備士
薄汚れたつなぎ+キャップ。もちろん腕まくり。ヤヴァイ。汗かきながら車の下とか覗き込んでるとこ見たい。ボンネット開けてなんか修理してる正門くんサイコー。洗車してる正門くんも見たい。とりあえずつなぎ+キャップの正門くん見たい。わたしは同じ会社で事務やってる設定。わかんないとこあったらすーぐ正門くんに聞きに行っちゃう。「ねえねえ正門くん、ここってさ〜……」って話しかけたら「つきさん、また来たんすか?笑」って笑いながら、汗拭いながら(←ここ重要)言ってくれるの!!正門くんとは同期入社なんだけど、わたしは大卒、正門くんは専門学校卒だからふたつ年下&敬語なのよね〜〜〜けどわたしがダダこねて「名前で呼んで!!あと敬語もやだ!!」って言ったから名前+さん付け。1回だけ「別にさん付けとかいいよ〜」って言ったら「つきちゃん」って呼ばれたんだけど、恥ずかしすぎたから焦って「やっぱいい!さん付けにして!」って言ったら笑いながら「つきさん」呼びに戻してくれた。「でも敬語ははずして!」ってわがまま言いまくったおかげでちょいちょいはずれるけど、やっぱりまだ抜けきらないみたいでかわいい(盲目)。ひととおりわからんこと聞き終わったら優しい優しい正門くんは言ってくれるよね!「ほかわからんことない?」「ん〜、だいじょうぶ!わからんかったらまた聞きにくるし!」「せやな(笑)……つきさんにやったら、もっと色んなこと教えてあげたいし」!?!?!?「そのために勉強するみたいなとこあるから」なーんて急にぶっ込まれて動揺してたら同期営業部の西畑が呼びに来ます。「早よ仕事戻れや」


現場からは以上です…… やっすいドリーム小説みたいになってしまった……ご清聴ありがとうございました……

Funky8とタバコについて

みなさんはじめまして。つきです。

新年度になり、新たな生活に飛び込んだひとも多いことでしょう。わたしもこの春から新社会人となり、日々研修に追われる日々を過ごしています。研修といっても、ひたすら座学。座っているのみ(勉強しろよ)。そこで私が考えた、暇な時間の潰し方(いや勉強しろよ)。

 

とりあえず妄想

 

この1点につきます。このブログでは、想像出来るようで出来ない、出来ないようで出来る、「Funky8とタバコ」という妄想についてただただ垂れ流していきたいとおもいます。先にお伝えしますが、私はタバコに関する知識は皆無な上、このブログにオチは存在しません。

 

そのことを踏まえた上で、さあ行ってみよう!

 

Funky1 大橋和也

f:id:tsuki_sueee:20170404194012j:image

 「おいおい大橋くんは未成年だろ法律犯させてんじゃねーよ」というツッコミは是非心の中にしまっておいて頂けるとありがたい。

タバコの強さ ★☆☆☆☆

タバコの苦味 ★☆☆☆☆

大橋くんにはほんとにおやつ(グミ)感覚で吸っていてほしい。お兄ちゃん達が吸ってるのを見て羨ましいと思ったのがキッカケだったら萌え死ぬ。おやつ感覚だから強くもないし苦くもない。バニラみたいな味するあっまーーーいやつ。でも逆にめっっっちゃ苦いやつ吸いながら、「これにプリンが合うねん〜♡」とか言ってても萌え死ぬ。

 

Funky2 朝田淳弥

f:id:tsuki_sueee:20170404194305j:image

強さ ★★☆☆☆

苦味 ★★★★★

ジュンヤにはもうめっちゃくちゃ苦いやつ吸っててほしい。でもそんなに強くはないから依存もしてないしタバコに対する執着心もない。回数もそんなに多くないから、ジュンヤの喫煙シーンに出会えたら良いことある。「別にやめる理由ないし」って言いながら吸っていてほしい。彼女とか出来てもカンケーない。ただ大地に「俺タバコ好きちゃうねんな〜」って言われたら秒で禁煙する。

 

Funky3 林真鳥

f:id:tsuki_sueee:20170404194538j:image 

強さ ★★☆☆☆

苦味 ★☆☆☆☆

この方にタバコを吸ってほしいシチュエーションはただひとつ!「オンナを抱いたあと」です。相手は一夜限りのオンナやから気を使って外で吸うなんてことしない。上半身裸のままオンナが寝てる横で吸う。ただそうしてる自分に酔ってるところあるからそんなに強くもないし苦くもない。吸い終わったらさっさとベッドから出て行っちゃうんだよ…… パリピ……すき……

 

 Funky4 古謝那伊留

f:id:tsuki_sueee:20170404195204j:image

強さ ★★★★★

苦味 ★★★★☆

こじゃくんには、ほんっまにいらいらしてどうしようもなくなった時だけ吸ってほしい。普段は「タバコ吸ったら息切れしやすなるし」とか言って絶対吸わないんだけど、アクロバットとか上手くいかないことが続いて、むしゃくしゃしたときに1本だけ、どちゃくそに強いやつ吸う。そんで吸ったあと「何やってんねんオレ……」って頭抱えて後悔するんだよ…… でもそれをバネにしてスランプ乗り越えちゃうんだから…… 

 

Funky5 草間リチャード敬太
f:id:tsuki_sueee:20170404194830j:image

強さ ★★★★☆

苦味 ★★☆☆☆

リチャはほんまごめん、葉巻しか思い浮かばんかった。それももはやネタやから、人前でしか吸わん。ただただ他人笑かすためだけに葉巻くわえる。だから最終的にちょっとむせて、丈くんに「むせてるやん!ダッサ!」って言われて「やっぱりオレ日本人やわ」って返すまでがひとつの流れ。 

 

Funky6 末澤誠也

f:id:tsuki_sueee:20170404195620j:image

強さ ★★★☆☆

苦味 ★★☆☆☆

誠也はもうほんまさらっと吸う。タバコの煙と誠也、どっちが儚いかなんて永遠に答え出ない。特に強すぎもなく苦すぎもしない普通のやつをまあまあ頻繁に吸ってほしい。まあまあ吸うから煙で輪っか作ったりとかめっちゃ上手い。待ち合わせとかしてて、煙で輪っかつくる誠也を遠目から見た日には星屑と化す。儚さのかたまり。

 

Funky7 今江大地

f:id:tsuki_sueee:20170404200106j:image

強さ ☆☆☆☆☆

苦味 ☆☆☆☆☆

いまえくんは!もう!ダメ!!タバコなんて吸っちゃダメ!!!(モンペ) ほんっとにタバコ吸う姿が想像できなかった…… くそ…… 私の脳みそめ…… いまえくん本人は吸わないけど嫌煙家ではない。ただ、誠也とか丈が目の前で吸い始めたときに一瞬だけ眉ひそめる。けど、次の瞬間にはいつものニコニコ笑顔で灰皿スッて差し出すんだよ…… 天使……

 

Funky8 藤原丈一郎

f:id:tsuki_sueee:20170404200411j:image

強さ ★★★☆☆

苦味 ★★★★☆

はい、来ました丈くん!!丈くんは絶対ヘビースモーカー!!ほんっまにめっちゃ吸う!「タバコのせいで声出えへん!漫才やばい!!」って言いながら吸ってる。いまえくんに「やめたええやんも〜笑」って言われるけどやめない。「あーあ!この美味さがわからんとか今江かわいそー!」とか言ってる。けどその後1週間は気持ち吸う本数が減ってるの…… 素直じゃない…… かわいい…… けど結局やめれなくて元の本数に戻っちゃう。かわいい。

 

長々と書いてしまいましたが、以上、私の頭の中の「Funky8とタバコ」でした。この妄想で3日乗り切った。独断と偏見だらけなのでみなさんの想像とはまったく異なるかもしませんが、まあ「あ〜こんな妄想テーマもありやな〜」くらいに捉えてくれたら嬉しいです。それでは!新生活がんばりましょ〜(^O^)!